1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

JIN's Pleasure


"Airplane" posts

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,--  Edit


Back to top


Category: Airplane   Tags: ---

A10の咆哮

みなさん、おひさしーです。

いやーー、ここ一週間で自分の社会的身分が劇的に変化しましたw

とゆーか、怒濤の超ハードスケジュールでしたよね。
グアム行きーの、卒業しーの、研修行きーの、友達ケコーンしーの・・・

“ちょっとまとまりすぎじゃねぇのか”ってくらいコンパクトに驚きの行事が詰まってた1週間だったわけなんですが、今久々にその記録をしたくてたまらない気分なんです。

とりあえずグアムレポは明日にでもするとして、今日は題名の通り

A-10の咆哮

をご紹介。

これ、前々から記事にしたかったんすよねぇ、恐ろし過ぎて
A10ってのはご存知、アメリカ空軍所有の攻撃機の事です。
2007_0826yokota070014.jpg

A-10サンダーボルト2 a.k.a. タンクキラー、ウォートホッグ。
1976年に部隊配備が始まった機種なので相当年代物ではありますが、
今も尚使用されているのは、実戦においてその有用性が実証されたからに他なりません。

湾岸戦争よりも前には『For Rent』なんて書かれちゃったA-10が存在したくらいですから、
アメリカ空軍もその実力を見限っていたと言ってもいいんじゃないでしょうかね。

ところがどっこい、湾岸戦争、イラク、アフガニスタンなどの実戦における対地攻撃、
とくに装甲車両部隊に対する攻撃能力とその生存性などから再評価され、
今も尚現役で活躍しています。

ともあれ。

上の写真は横田基地のオープンハウスで撮ったオーサンかどっかのA-10なんですが、
最近夢中になっているのが、機種についてるGAU-8 30ミリガトリング砲が火を吹いた時の動画収集です。
2007_0826yokota070018.jpg


ちなみにGAU-8に使用されるブレットがこれ(汗)
A10_30mmBullet.jpg

なんとゆーでかさ。

『こんなもん使っていいのか』って感じです。
あまりにもやりすぎとゆーか、容赦が無いですよね。

で、初めて見たこのガトリングの咆哮を捉えた動画は、なんと友軍誤爆の動画でした。

動画のSubjectは“Close Call”(近接空爆要請)、友軍誤爆というよりも、
ニアミスアエストライクといったほうが正確でしょう。

イギリス軍の歩兵部隊が前方の敵部隊に対してA-10に30ミリガトリング砲に因るエアストライクを要請したんですが、
セカンドラウンドストライク(旋回した後の2回目の空爆)が友軍に近すぎちゃったって感じですね。

ファーストラウンドの直後、イギリス兵のテンションはフルマックスw
F○ck! だのHoly sh!tだのNoiseeeeeeだの、タンクキラーの勇姿に感嘆の台詞を並べた直後・・・
すぐ目の前に立つ砂柱と着弾の衝撃・音、1秒後くらいに響くガトリングの発射音。

テンション一変ですw

すかさず Pull Back! Pull Back! の言葉ww
笑い事ではないんでしょうが、はっきり言って恐ろしすぎです。

で、めっちゃくちゃ怖いのが、その発射音なんですよ。

“ブウォーーーーーーーーーーーーッ

って音。
救急車とかのサイレンってなんだか嫌悪感のある音ですけど、そんな類の音なんですよね。

不気味というか、なんというか。
とあるフォーラムでscaryとかfreakingとか表現してありましたが、まさしくそんな感じです。

そのClose Callの動画が見たい方は↓のURLをクリック。興味のある方は一見の価値ありです。
※結構刺激のある映像ですので、注意してください。

Close Call
http://www.militaryvideos.net/videos.php?videonum=78

興味心をそそられ、close callであらゆる動画サイトをサーフィンし、GAUの咆哮を集めました。
他をご覧になりたいかたは続きをば。

Continue »

スポンサーサイト

Comment: 2  

03 29 ,2008  Edit


Back to top


Category: Airplane   Tags: ---

Yokota Air Base Open House 07

ちわす!

今日の日記は長いですw

とゆーのも本日、東京都内唯一の米軍基地である横田基地の友好祭に行ってきたから!

Yokota Air Base Open Houseは毎年8月の最終週の土日に2日間だけ一般開放されるイベント。
おじじの家が近くにあるので横田基地は結構昔から由縁のある場所なんですが、毎年かかさず行っております。
牛浜駅とか福生駅が年に一回人でごったがえす唯一の機会なんですなぁwww

友好祭のポスター↓
2007_0826yokota070002.jpg

このポスターは、開催日が近づくと周辺駅の掲示板にポスターが掲載されます。
友好祭自体についても多摩版の新聞にも毎年載るんですよね。

それでは、気になったもんは写真撮りまくったのでそれらを交えつつツアー開始です。

Continue »

Comment: 5  

08 27 ,2007  Edit


Back to top


Category: Airplane   Tags: ---

エンジン始動

ちゃんす。

このところ更新さぼってましたw
フィグもだいたい組み終わって、ダイオラマ作るパワーを充填してます。

いや、単にネタがないだけ・・・・w

そんなときはUtubeに力を借りましょうw

前回も好きな音っちゅーお題で書きましたが、
あたくし、エンジンの回転数変化に因る音の変化がでら好きなもんで、エンジン始動するときの音で鳥肌立っちゃいます。

横田のオープンハウスで自衛隊機が2日目に帰投する際なんかは、間近で聞けるので(いや聴けるのでw)最高ですよ。

結構前にF-1が帰投するとき整備員がボンミスし、輪止外さないうちに発進しだしてパイロットが焦ってた光景を目の当たりにしたこともありますw



この動画は、F-16(以下16)がエンジンを始動するときのコックピットを映したもの。



キャノピーロックからHUDへの情報表示までしっかり映ってます。
コクピット内の撮影なので音はあんま聞こえないんですが、資料的な価値も高い動画じゃないでしょうかね。

本気、一度でいいから乗ってみたい。

Comment: 1  

06 21 ,2007  Edit


Back to top


Category: Airplane   Tags: ---

好きな音

題名の好きな音って見て、『あ、好きな音楽の話かな?』って思ったお洒落な人、

すみません、違いますw

超絶マニアックな話なんで、ご勘弁ください。
一部の方には理解されると思いますけど、たぶん一般的な方からすれば超キモイかも知れませんw


ミリヲタになったきっかけけも元々超戦闘機好き、本気で航空自衛隊のパイロットを目指したこともあった俺ですけど、実は何が好きかって、やっぱあの航空機の轟音です。


あきれるほどのマニアになれば、その音だけで飛行機の種類も判別できるようになり、さらには衝突防止灯(所謂ビーコンランプ)の点滅色と前照灯の位置とかからも判別可能になりますw

車とかバイク好きな人も、大抵音で車種判別できますよね?

マフラーとか変えたら解りづらくなるかも知れませんけど・・・
例えばジャイロ(3輪スクータ)とかズーマーの音なんかはすごい特徴的なんで、瞬時にわかります。(これは一種の職業病なんですけど)

因みにTODAYとズーマーは同じエンジン積んでるんで判別つきませんw

とゆーように、例示もマニアック極まりなくなっちゃいましたけど、好きが高じるとこういう事も可能になるんです。

で、俺が好きな音をちょっとご紹介w

まず第一弾がこれ。(音量に注意してください)


特に1:01あたりで、リバースかける為にマックパワーにする際の音の変化。
超機械的というか、エンジンの轟音と回転数の上昇が、そのまま表出しててタマランチw

因みにこれはC-5ギャラクシーって言う米軍が所有する最大の輸送機で、横田基地にはトラビス所属のC-5がよく飛来しますが、すさまじー音です。

ものすごい特徴的な音なんで、『あ、ギャラだ』って瞬時に判断できますし、5キロくらい遠方からでもその音は轟いてきます。

特に横田基地のRW36にアプローチする場合は、場所によって上空およそ80メーター付近を通過するギャラを拝めますけども、まじで鼓膜が破れる場合もあるとかないとかw

グラウンドクルーとかは、整備中なりエンジンスタートアップの際を通してイヤープラグをしてるからいいかも知れませんけど、何も知らずにその周囲を通過する日本国民は一体何事が起きたか、びびるに違いないですw

----------------------------------------------------------------------------
ここで豆知識の強要をしますw

上記のRW36というのは『ラインウェイ36』と言いまして、滑走路の方位に基づいた番号表示です。
滑走路は、当然2つの端ありますが、片方の端っこの名称がランウェイ36の場合、もう片方はランウェイ18となります。

もうお気づきの方いらっしゃると思いますが、東西南北の方位を1~36(360度方位)で表記した際の、番号となっています。

北側はRW18、南側はRW36。

即ち、南から風が吹いてる場合はRW18を使用し、北からの場合はRW36を使用します。
無風の場合は、どちらからでも。恐らくスポッティングエリアの近いほうを使うようです(あくまで横田の場合)。
----------------------------------------------------------------------------

とゆーわけで、第一回超飛行機ヲタク記事でしたw

今日はここまでw

Comment: 4  

05 12 ,2007  Edit


Back to top


Category: Airplane   Tags: ---

お、俺も~

俺も乗りたい、ホーネット。



これはどうすれば乗れるんでしょうかね?
どうやらこのユーチュブのはエンジェルスのF/A-18で、この女性は完全なる一般人みたいなんだけど・・・

俺も乗りたいんだよなぁ。

バーティカルクライムとか、7Gターンとか一度でいいから体験してみたいw
ブラックアウトとかホワイトアウトとかしてみたいw

後ろから羽交い絞めにされて(首をね)、落ちかけたことはあるんだけど、脳に血液がなくなって落ちるときはどんな感じがするんだろうか。

すげぇ気になります。

何にしても体感したいのは、滑走路上でABオンするときの加速感。
それからエンジン始動するときの手順とかすごい見てみたいw

誰か、乗せてください、お願いします。

Comment: 3  

05 10 ,2007  Edit


Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。