1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

JIN's Pleasure


"Pics" posts

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,--  Edit


Back to top


Category: Pics   Tags: ---

EOS60Dでフォトポタ

ども、JINです。

柿も熟れゆき秋深まりまして。
IMG_1184 (427x640)

早いもので、今年も残すところあと1ヶ月 しかありません。

12月に入れば、仕事も繁忙期に入り、
自転車通勤は完全にシーズンオフです。


早くね?w とお上やそのほか関係各所からやっかみが入りそう(っていうか入ってるw)なんですが、
寒いなかイヤイヤじてつうしてもなんもいいことありませんからねw

以前買った雑誌、『ターザン』の中で、冬場のほうが脂肪燃焼率が高いと書かれていましたが・・・

残念ながら、朝のあのくそ寒いなかで海風の吹きさらしに合いながらジテツウできるのは、
小生の気力体力では1ヶ月に2回くらいが限度

しかも仕事も何時に帰れるかわからんという状況の中で、そんな大博打はできませんってところです。


しかしそんな中で、ここ最近唯一自転車での外出を促すのが、カメラ。

所謂、フォトポタってやつです。

カメラと自転車って組み合わせが、またなんとも趣味って感じでいいんですよねぇ。
まぁただ、カーボンロード乗りつつ、重い一眼下げて乗っている方ってあんまり見かけませんけど・・・

一眼かかえてチャリチャリするんだら、やっぱり小径車とかクロスバイクにミラーレスの組み合わせが
一番リーズナブルでしょう。

ただね、小生のおかれる現環境で『自転車乗るときに使うカメラなんだ♪』なんっつって、
ミラーレスなんて買えたもんじゃありませんから!?
前回物欲暴発の末に手に入れたEOS60Dをしょいこみながらフォトポタするほかないんです。

私の場合、これまで一眼をかついで走行しておりましたが、カメラをむき出しで背負い込んでいると、
段差を超えるたびに背中でカメラが跳ね上がり、脊椎のほうを『ガツンガツン』と刺激するんす。

これは痛い

そんな痛みの解決策はなかろうかとあれこれ捜していた時に一目ぼれしたこちら↓
IMG_1679 (563x640)

NORTH FACEのカメラバック。

以前から、見かけるたびに欲しいなと思っていたんですが、
お値段も手ごろだったのにお上に欲しいと言い出せず、ついに買い逃し・・・

いろんなNORTH FACEの直営店を当たって、お上を口説き落としてやっとこさ購入しますた。

父って立場は物ひとつ買うのにここまで苦労するのかw
とつくづく思う昨今です。

IMG_1683 (595x640)
中には一眼(レンズは標準ズームでないと絶対入らない)一台と、ちょっとしたフィルターなんかを入れるポケットがあり、クッションもしっかりしているので落としてカメラが壊れるってこともなさそうです。

防水は・・・試してないのでわからんですが、値段からしてそこまでのスペックは求められないかな(汗)

カメラを入れるとこんな感じです。↓
IMG_1682 (542x640)

これで5000円くらいでした。

ちなみにですが、勿論、バッテリーグリップが付いたカメラや、EOS1のような大きめの一眼は入りません。
もとよりそんな重い装備かついでフォトポタすることなんてめったにないでしょうが・・・

最近の一枚
IMG_1152 (640x427)

別にフォトポタじゃなくても撮れんじゃんっつー写真なんですがw 
無性に流し撮りがしたくなって無闇に撮った一枚なんですが、EOS60フォトポタデビューとして記念にペタw

主題を見失いつつある当駄ログ、これからもよろしくお願いします。

今日はここまで。

次回は、とあるものの納車の話題!?!?

いろんなブログをサーフィンしましょう!読み漁っているうちに、あなたも誘われるであろう趣味の世界!
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment: 2  

11 27 ,2011  Edit


Back to top


Category: Pics   Tags: ---

ご無沙汰の記事は、物欲暴発の話題

ども、JINです。

なんとまた1ヶ月以上も放置してしまって。。。
スポンサーサイトの広告がドミノピザってどんだけデブを馬鹿にしてんピザ!!

と息巻いておりますが、体重はあれからまた1キロ減りまして、ただいま64キロ

ただ、あの頃の体型にもどすっつー『あの頃』ってのがどんどん過去になっていき、あっという間に5年前。

モウモドレナイノカ・・・  いや、俺はくじけなry


さて、そんな昨今、
我慢のリバウンドとして発揮されている持ち前の物欲ですが、
とうとうデジイチのグレードアップに矛先が向いてしまいました。

じゃん!
IMG_6208 (640x427)
EOS60D!

それはまぁーーー、お上がノイローゼになるくらい毎日毎晩「カメラがね、カメラがね」と言い続け、
ようやく得た購入許可だったものですから、うれしさも一入でございます。

どさくさにまぎれて、バッテリーグリップも購入w
IMG_6210 (640x427)

フィルム時代は、EOS55を使っていましたので、久々の所謂EOS二桁Dです。

これまで活躍してきたのは、約5年前に購入した、EOS KISS D2。
IMG_1075 (640x427)
ISOも1600が限界、画素数、モニターの解像度も既に旧世代デジイチと言わざるを得ないカメラとなってしまいました。

そこで、買い替えという安易で、浅はか甚だしい考えが頭を貫通w(しかも旅行先の北海道でw)

買い替えを最もモチベートしたのは、KISS D2用のバッテリーグリップが既にメーカー廃盤になってしまっていたという事実。
これは正直、時代遅れ感を感じざるにはいられませんでした。


次の候補にあがったのは、EOS7Dと、EOS60D。往年憧れEOS一桁Dと、身分相応の二桁Dですw

価格.COMや諸所媒体で情報収集、実店舗で手にとって比較検討し、
コスパと、撮影スタイル、被写体を総合的に考えて、EOS60Dにしました。

いや、お小遣い2か月分と3か月分の狭間でネゴシエートした結果
2か月分の機種に落ち着かざるを得なかったというのが正直なところなんですけど。

既婚でも子持ちでもなければ、何も迷わず1D買ってますけどね


さて、EOS60Dを使って、そろそろ2週間近く経ちますが・・・・
エントリー寄りのミドルクラスと言われているものの、機能、性能面共に、小生なんかには必要十分!

やすっちーと罵られがちな強化プラボディも見た目全然気にならないし、
マグネシウムボディで携帯性が少しでも犠牲になるのなら、こちらで十分、むしろこっちの方が良い。

私の場合、被写体はなんでもって感じなんですが、最近はお子を撮るのがメインなので、
バリアングルモニターは、かなり重宝します。


子供を撮る以外にも、地面すれすれのアングルで撮影できるので、こんな写真も不審がられずに撮ることができますw
IMG_0801 (800x533) (640x426)
このアングル、通常ファインダーならやりたくても周りの目が気になってできませんよねw
その点、バリアングルモニターならお手の物です。

あともうひとつ、60D特有の機能にクリエイティブフィルターという機能があります。
画像編集ソフトが機体の中に備わっていて、撮影したすぐその場で特殊加工が出来る機能なんですが、
その中でジオラマ風フィルターを使えば、↓こんな写真もすぐ撮れます。
IMG_0780 (533x800) (426x640)
モニターの解像度が非常に高いため、KISSの時にあったライブビュー撮影時のストレスは皆無で、
ピントの山も判りやすいので、動画をMFで撮る時もいい感じです。

兎にも角にも、コスパが高く、非常に満足^^

欲を言えば、ファインダー視野率を7Dに近づけて欲しかったな・・・と。
96%はあんまり頂けないけど、KISSに比べれば良くなった方か?


なお挙句の果てに、KISS時代にそろえたズームレンズシステムもそのまま引き継ごうと思ったものの、
IMG_6212 (640x427)

どうしても欲しくなってこれも買ってまったw
IMG_6211 (427x640)
外部ストロボ、320EX

これも毎日毎晩、「ストロボ、ストロボ」と言い続け、勝ち得た購入許可w

60Dを買ったときについてくる、キャノンの最新版カタログに、してやられましたねw

お子を撮るのは室内がメインですので、ISOを高くするか、絞り開放付近で撮るかの2択なんですが、
どちらも避けたい。

良いレンズなら開放でもまだいいんですが、SIGMAのF2.8EX HSMの開放付近は画がぬるいんです。
これは素人目でも判るw

60Dの高ISOは、KISSに比べればノイズはちょーーー少ないのですが、
出来れば高ISOは避けたいところです。

ってなわけで外部ストロボ。

270EXと悩んだ挙句の320EXですが、カメラを縦位置で撮ることが多いので、
縦位置でもバウンス撮影したかったので320EXになりました。

※270EX
51qHhRdDQEL__SL500_AA300_.jpg

結論、外部ストロボ、むちゃくちゃいいっす!

自転車と同じで、機材がここまで物を言うとは、っつー感じですw

まず、決してぶれない。

当たり前ですが、これは大きいです。
特に子供を撮る時、被写体ブレはつきものですが、かなりの確立で狙った瞬間をぶれずに仕留められます。

そしてバウンス撮影の際の被写体の立体感。

比較ですが、こちら↓はノンストロボ、高ISO、F5.6あたりで撮影したEOSKISS。
IMG_1072 (640x427)
こっち↓はストロボのバウンス撮影。
IMG_1075 (640x427)
この立体感の違いは、すごい。買って正解。

スタジオパパスも夢じゃない。

ただ・・・持ち歩くのはかなりやばいw
IMG_6215 (427x640)
重量的にも、ビジュアル的にもw

カメラを持ち歩くおしゃれ男子では・・・・決して無い・・・なw

この組み合わせなんかは・・・
IMG_6216 (640x427)
あかんあかん

子供を撮るって次元じゃないし、お上はこれを持ち歩いての同行は許さないそうだ。


・・・そりゃそうだw と珍しく納得したパパでした。


今日はここまで。

写真は機材じゃない、腕だ!!修行して出直せピザめ! 
と思われた方、その事実を物語るすばらしい写真の数々があります↓
気になる方はポチっとクリック!
にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
にほんブログ村

Comment: 0  

11 15 ,2011  Edit


Back to top


Category: Pics   Tags: ---

青の表現力

どもJINです。

先般、ご紹介したレンズに加え、もう一本、保有しているレンズがこれ。

その名は、EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM。
10501011326.jpg

写真勉強中の身分にも拘らず、レンズ沼にはまっちまったもんで、
パパーンと立て続けに買ってしまったんすねーー(・∀・)イイヨイイヨー

1本は、標準のキットレンズEFS18-55、そして前述の70-200、
とゆーわけで、勿論、広角域が欲しくなるとゆー罠w

撮る画、カメラを持ち出す目的に合わせて携帯するレンズを決めていますが、
最近は、圧倒的に広角の出番が多いです。

理由は様々ありますが、軽さも十分、EOS KISSの携帯性を損なうことなく、快適快適♪

とゆーかですね、70-200mmで取れる画も大好きなんですが、でかいんですよw(当たり前ですけどw)
しかも撮る目的がしっかりしてないと、望遠で捉えられる被写体って普段の町にはあんまり無い。

ともあれ、広角域をカバーしたレンズの買い増しが急務だった訳でw

で、本題の『青の表現力』なんですが、
このEF-S10-22mm F3.5-4.5 USMとゆーレンズ、紫外線を拾いやすいのか青色が非常に濃く表現できるのが特徴。
IMG_4352-2.jpg
写真はこれまた八ヶ岳。
標高は約1300メートルですが、サーキュラーPLフィルターなしでこんだけ青く写ります。

RAW現像はしていますが、何もレタッチを加えていません。

IMG_4373-2.jpg
IMG_4379-2.jpg
IMG_4370-2.jpg
この日は肉眼でも相当青色が濃かったんですが、下手にPLとか使うよりも良い結果だと、個人的に思います。

とゆーかですね、EOSKISSのファインダーとライブビューが陳腐すぎて、
PLの偏光ムラがすごーく見えにくいんで、綺麗に反射除去したつもりでも随分ムラがかってたりするんですよね。

光の具合を読めない私の腕の無さも相まって、悲しいかなPLを使うよりも綺麗!

画質は、、、白レンズのよさを知っているだけあって、やっぱりその差は感じてしまうかも。
IMG_3988-2.jpg
絞り込んだ時に、かなり顕著に画質の低下が表れる感じ。

歪曲収差はとゆーと、それなりにあるものの私的には広角っぽい画なので、好きです。
IMG_4013-2.jpg
自然写真を撮るには、はっきり言って広角は欠かせないんじゃないでしょうか。
せっかくいい景色に出会っても、その全体を、克明に残せないのは勿体無い。いやほんと。

ここ↓は北海道は野付半島。
IMG_4012-2.jpg
日が暮れて、月が出て、海が青みがかって、本当に綺麗でした。
こういった景色を『切り取り』で撮っただけでは本当に物足りないですよね。

そんなときは、やっぱり10mm域の広角だと思います。

だた、、、この当時は非常に強い風が吹いてまして、手持ちのSLIKの三脚では軽すぎでブレまくり。
このレンズにスタビライザーがついてたらなーなんてちょっと思ったりもしましたが、
総合的に、持っていて損は絶対ないと思います。

次は、、、、単焦点かなーーーw

今日はここまで。


自然写真にご興味ある方、レンズに迷っている方、いろんな方のブログを参考になさったらいかがでしょう?
気になったらチェックです↓!!!
にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Comment: 0  

10 03 ,2010  Edit


Back to top


Category: Pics   Tags: ---

CANON EOSレンズの小三元

どもJINです。

夏はいつの間に終わったんでしょうかw
いつからジャパーンはアフガンの様な気候になったんでしょうかw

寒すぎですね~。

こりゃー趣味に金銭大量投入してホクホクしないといけません(・∀・)
おまけにこう雨続きじゃ自転車も乗れませんので、今日はカメラについての独り言を。


ご存知でしょうか、表題、『EOSレンズの小三元』って代物。

EOSをこよなく愛し、昔からのEOS党だという方は、やっぱり新規レンズ購入で悩むと思いますが、
そこで一際目立つ当たり玉(いいレンズのことをこう、表現するそうです)の三本があります。

そのうちの1つ EF70-200mm F4L IS USM
10501011809.jpg
最廉価ではありますが、まさに憧れの白レンズです。

お値段も・・・・お手ごろといえば、お手ごろ。
現在の価格.COM上の最安値が、105446円ですので、
他の家電やらなんやらを買ったときにせっせこ貯めた量販店のポイントとかで買ってしまえば、
これほどいいお買い物はありませんw

以前、200~300ミリの望遠を手に入れるためにタムロンかどっかのテレコンを標準レンズにつけて、
激暗のなんちゃって望遠で涙ぐましく撮影していた(しかも銀塩で)せいもあってかw、
ここまでクオリティーの高いレンズを手に出来るというのは、世に言う所有する慶びを感じるってところでしょうか。

開放F値がF4なので、そこまで明るい( ゚∀゚)!!ってレンズではないものの、
その描写力は、初心者同然のアマチュアでも他製品とは列記とした差を、はっきりと感じ取ることができます。
IMG_4409.jpg
ボケが滑らかだとか、引き伸ばしで現像したときのチャープ感が違うとか、
そんな小難しい事じゃーなく、ただただ、思い通りの写真が撮れる代物です。

同時に、写真がうまくなったような気にさせてくれる、そんなレンズですw
IMG_4399.jpg
↑CANON EOS KISS+EF70-200mm F4L IS USM 絞り優先F4 / WBオート / ISO200 / 階調優先なし

IMG_4405-2.jpg
↑CANON EOS KISS+EF70-200mm F4L IS USM 絞り優先F8 / WB曇り / ISO200/ 階調優先なし

写真は、八ヶ岳の甲斐大泉付近、JR小海線の線路と車両です。
※鉄ッチャンではありませんので、詳しい事はわかりませんw

やはり200ミリともなると圧縮効果がすさまじいので、
その効果をつかって上のようなミニチュア感の出る、面白い写真を撮ることができます。

広角と間逆で、『切り取り感』が非常に色濃く出ますので、なんとなく写真がコンパクトにまとまる、
そんな感じでしょうか。

小三元ともいいますので、他に2本の上玉レンズがあるのですが、
全部そろえると軽く25万は超えますので、はっきり言って、お値段的な気軽さは皆無ですw

ともあれ、買って間違いの無い、本当に良いレンズ。

うちの場合は嫁にヌッコロされてしまうので到底無理ですが、
はまってみたいレンズ沼のひとつでございますw

※もう片足つっこんでますがww


みなさんも是非、レンズ沼で溺れ死んではいかがでしょうか?

今日はここまで。


↓もうレンズ沼にはまってますとゆー方、これからレンズ買い足しを考えている方は、
ポチッとご一緒に悩みを深めましょう。
にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
にほんブログ村

Comment: 2  

09 27 ,2010  Edit


Back to top


Category: Pics   Tags: ---

写真勉強2

写真勉強2。

とゆーわけで、最近色々な雑誌を買い始め、勉強しております。

丁度北海道に旅行を行く予定がありましたので、
それに合わせて色々調達し・・・様々撮ってみました。

デジ1、面白いっすねぇ~。

事前にND8、PLフィルターを(秘密でw)購入し、初めてのRAW撮影。


色々な雑誌の中で、色々な写真家の先生が、『撮るものが無いといっている人ほど、努力をしていない』って書いていますが、断然自然の多い環境の方が、撮りたいと思うものは多いわけで。

確かにフォトジェニックなシーンってのはそこらへんにあるわけです。

普段見慣れない風景だから、ってのもあるんでしょうけど、画になるシーンがてんこもりでした。

kussharo.jpg
PLで反射を除去し、RAWでWBを調整しました。
WBで印象ががらりと変わりますね。

まだ、何を主題にするとか、何を表現したいとかそんな大層なレベルのことじゃなく、
写したいものを思い通りに写すってことが目標です。

onneto.jpg
onnetoforest.jpg
北海道は阿寒周辺、オンネトーの湖。
独特のエメラルドグリーンの湖面を、エメラルドグリーンに移すのが非常に難しかったです。。

kitsune.jpg
kitsune2.jpg
やっぱりこうゆう光景に出会うのが、北海道(自然)の醍醐味。
釧路湿原周辺ですが、丁度線路上で戯れる親子の写真を近くの道の駅で見かけて、
『こーゆーの撮りたいなぁー』なんて思ってたら丁度通りかかって。

夢中でシャッター切りました。
RAWで撮っておくと、家に帰ってじっくり追い込めるので、こういうとっさの出会いの時にも有効ですね。

kaminokoike.jpg
kaminokoike2.jpg
WEB上だと解像度が激落ちなんで残念ですが、こちらは神の子池。

ドラマの演出シーンみたく、何故か池の上に霧が漂っていました。

霧をうまく表現したかったんですが、技量がなく断念。
すこしアンダー気味に撮って、光が落ちてるところを強調したつもりですw

kaminokokeiryu.jpg
kaminokokeiryu2.jpg
実はこの写真が一番撮りたかったんですよね。

ただ、道から気軽に入れる渓流が少ないこと少ないこと。

残念ながら広角用のフィルターしか買っていなかったので、
寄って撮れる場所でないと撮れなかったんですが、神の子池の際に流れておりました。

ND8で減光し、PLで反射を除去。
涼しげな色味にするため、色温度は下げてみました。


他にも色々な構図で撮りたかったんですが、嫁さんが『腕を組んで待っている』手前、
ゆっくりはできませんでしたね(笑)


ということで、様々勉強していますが、
フィグの世界とは全く比較にならないほどの趣味人口と専門誌の数。

誰が見ても『すごい』『見惚れる』という作品を作るのは、全く容易いことではないですが、
やはり作品と呼べるような写真を撮ってみたいな って思います。

また金のかかる趣味にはまりつつあります(汗)

Comment: 0  

08 31 ,2010  Edit


Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。